【お知らせ一覧】ワザ伝ブログ
2020/02/14:福島に帰ってきました!
今年も多くの方にご理解、ご協力をいただき、福島市のこむこむ館で「“ワザ伝”プロジェクト」を開催することとなりました。

毎年、多くの子どもたちとそのご家族に朝早くから並んでいただき、たくさんのワザに触れていただいています。そして、毎回子どもたちから「来年も絶対来てね」と声をかけてもらっています。福島の子どもたちは元気いっぱいで笑顔がとっても素敵な子ばかりです。そんな、みんなに笑顔を届けたい!という思いで講師、運営スタッフ一丸となって準備を進めています。初開催のプログラムもありますので、去年来場いただいた方にもきっと楽しんでいただけると思います。

私たちが展開しているこの「“ワザ伝”プロジェクト」は、ただ、モノを作るだけではなく、学びをとおして、日本のモノづくりのすばらしさ、作り手の思いも知ってほしいというコンセプトで実施しています。プログラムによっては時間が60分、120分のものもあります。少し長いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、プロフェッショナルから直接、教えてもらい、自分で考えて作っていると、どのプログラムも本当にあっという間に時間が過ぎていきます。中には、120分でも「もう終わり?!」という子どもたちもいます。

この「“ワザ伝”プロジェクトinふくしま」では、プログラムの時間配分も工夫しているので、1日で2つ3つのプログラムに参加することもできます。ぜひ、多くのワザに触れに来てください。

今回、プログラム実施にあたり、各講師の方からいろいろなお話を聞いてきましたので、ワザ伝開催までこちらのブログでご紹介していきたいと思います。

※予約チケットを配布しているプログラムもありますので、ご希望のプログラムに参加できない場合があります。予めご了承ください。
■予約チケット配布について
予約チケットは、3月1日当日、こむこむ館内1階 ワザ伝受付で配布します。
・午前開始のプログラム 午前9:30~
・午後開始のプログラム 午後12:30~